美容外科の施術で妊娠線が消える方法

    妊娠線が消える方法で、一番効果的なものとは
    何なのでしょうか?

    それは、美容外科を利用するという方法ですが、
    いったいどんなにお金がかかるんでしょう。

    綺麗になるまでは、どのくらいの期間を要するのかも
    気になりますよね。

    〇美容外科を利用した場合の妊娠線が消える方法

    妊娠線が消える方法は何だろうと思った時、
    一番安全で効果的なもので肌に傷跡などが残らないのは、
    美容外科を利用するという方法です。

    エステと間違えないで下さい!
    しっかりと外科的な処置をしてくれる美容外科を
    選んで利用しましょうね。

    美容外科では、通常レーザーを使用した照射治療方法、
    もしくはフランスで人気があるガス治療をおすすめされます。

    レーザーは想像することも出来ると思いますが、
    ガスで治療するというのはちょっと不思議ですよね?

    ガス治療方法は、妊娠線が出来ている皮膚の真皮に
    血流改善ガスを直接肌に注入するというものです。

    ガスを注入すると、妊娠線部分の血流が活発になって、
    新しい皮膚になり、裂けていたところも綺麗な皮膚になります。

    忙しい産後でも体力が戻っていなくても、数分程の治療時間ですので
    治療を受けることが出来るんです。

    妊娠線が消える方法としてだけではなくて、
    ダイエット時に出来てしまった肉割れにもこの方法は有効です。

    ガス治療はフランス式なのですが、あまり行ってくれる美容外科が
    日本にはありませんので、行っているかどうかを確認してから
    クリニックに行くようにしましょう。

    ガス治療は、1回の注入でおよそ1万円です。

    〇レーザー治療での妊娠線が消える方法

    妊娠線が消える方法で、一番多いと言われている方法が
    美容外科でのレーザー治療です。

    その方法は、傷部分にレーザーを照射し、その部分のコラーゲンを
    アップさせたり、傷を活性化して亀裂痕を治す、というものです。

    皮膚を切ることなく出来るので安全ですし、
    衛生面でも問題なしという点が選ばれている理由ですね。

    しかし、せっかく始めたとしても途中でやめようと思う方も
    中にはいるのですが、価格が高すぎるという点と
    完治するまで何度も美容外科に足を運ばなくてはいけない、
    という点からなんです。

    綺麗に治したいと思って、お金がかかるとなると
    ちょっと考えてしまいますね。

    個人差はありますが、皮膚の厚みによっては、
    火傷のようになることもありますので、
    誰でも綺麗に改善するというわけでもないようです。

    レーザーの照射は、傷が深ければ深いほど通う回数が多く、
    1度に数万円かかってしまいます。

    行ってもらうクリニックなどによって、価格も異なるので、
    通う前に調べておいた方が良いですよ。

    妊娠線クリームを使ったケアと比較すると、
    傷に直に作用するので、早く改善し、効果的です。

    Categories: Uncategorized Tags: タグ: , ,